「丹下健三 1938-1970」展に伴う海外発信とレガシー創成

美術・文化財
開催場所
国立近現代建築資料館
開催期間
2021年7月21日(水)~2021年10月10日(日)
リンク先
https://tange2021.go.jp/ja/
 

丹下健三は、ル・コルビュジエに続いて近代建築運動を推進した世界的な建築家であり、自然、機能、美しさを一体と捉える設計思想のもと、我が国の建築文化を世界水準に押し上げた建築家です。 昭和39年(1964)の東京オリンピックにおける屋内競技場としての代々木の二つの体育館が代表的作品として知られています。 本展では、日本の戦後建築を象徴する建築家丹下健三について、世界的な視野からその在り様と現代への影響を探るとともに、教育講座、作品ツアーや上映会といった普及事業を展開します。