日本博とは?

縄文から
現代まで続く
日本の美

「日本の美」は、縄文時代から現代まで1万年以上もの間、大自然の多様性を尊重し、生きとし生けるもの全てに命が宿ると考え、それらを畏敬する心を表現してきました。
縄文土器をはじめ、仏像などの彫刻、浮世絵や屏風などの絵画、漆器などの工芸、着物などの染織、能楽や歌舞伎などの伝統芸能、音楽、文芸、衣食住をはじめとする暮らし、生活様式等において、様々な形で、人間が自然にたいして共鳴、共感する心を具現化し、その美意識を大切にしてきました。

日本の文化は、海外の文化を取り入れながら、時代の変遷とともに多様な文化芸術の創造につなげ発展してきました。日本の自然との関わりの中では、人々の創造性が育まれ、表現力を高めるとともに、人々の心のつながりや相互に理解し尊重し合う土壌を提供し、多様性を受け入れることができる心豊かな社会が形成されてきました。先人が創造し、守り伝えてきた多くの文化財や伝統芸能の表現や美意識は、現代の美術、デザインやファッション、マンガ・アニメなどに影響を与え、また、新たな価値や文化の創造につながっています。
日本博は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、総合テーマ「日本人と自然」の下に、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を国内外へ発信し、次世代に伝えることで、更なる未来の創生を目指し、スタートしました。
日本博のプログラムは、文化庁、日本芸術文化振興会、関係府省庁、全国の文化施設、地方自治体、民間企業・団体等の総力を結集し、日本の美を体感する美術展・舞台芸術公演、芸術祭などを、年間を通じ、全国各地で展開していきます。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会が行われる2020年に、これらの日本博プログラムが、人々の交流を促して感動を呼び起こし、世界の多様性の尊重、普遍性の共有、平和の祈りへとつながることを希求します。

日本博2020年の展開

全国各地において、地域の美術・文化財、伝統芸能、食、自然豊かな環境の中で現代アートや舞台芸術を楽しんでいただける芸術祭など、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の前・中・後を通じて実施する予定です。また、海外から訪問される多くの外国人のお客様が、初めての日本文化を体験し、楽しんでいただける体験型プログラムも多数企画されています。

2020年の日本博では、例えば、日本で数百年前から守り伝えられた国宝・重要文化財をはじめとする優れた美術工芸品の公開や、自然素材を生かした文化財の修理技術・材料の紹介、古典と現代を代表するアート作品を組み合わせた展示を行います。
また、自然にちなんだ歌舞伎・能楽・文楽などの伝統芸能の公演、自然と人の関わりを描いた現代のオペラ・バレエの新作公演を企画しています。
古来より多くの作品に自然が描かれた「きもの」を鎌倉時代から現代まで通覧する展覧会、戦後から現代までの「ファッション」の展覧会を行います。
日本の自然の多様性や人々の知恵と工夫の歴史を「和食」を通じて紹介する展覧会、木材・土・石などの自然素材を優れた造形物に発展させてきた、飛鳥時代から現代までの「日本建築」代表作の展覧会を行います。
日本の風土の影響を受けながら伝えられてきた郷土料理の体験や、自然と向き合いながら保存・活用されている寺社・住宅などの建物を実際に訪れて体感していただくことを期待しています。

なお、今回ご紹介する主なラインナップの他、2020年4月には、全国各地で実施される2020年度の新たな企画が発表される予定です。

Close
Menu
Search
Ja