やきもので繋ぐJOMON×未来 -多彩な表現展2021-

美術・文化財
開催場所
滋賀県立陶芸の森
開催期間
2021年8月21日~2021年9月26日
リンク先
https://www.ohmi.co.jp/
「おぼろ」加山又造・「陶板絵画ってなんだろう?展」/2015年/佐久市立近代美術館
国宝・火焔型土器(指定番号1・笹山遺跡出土)高精細レプリカ/2018年/成人式での展示
「陶板が魅せるNIPPONの自然 -時を超え世界とつながる琳派」展・十六夜弦楽五重奏団による演奏/2019年/建仁寺

滋賀県立陶芸の森をメイン会場に、縄文土器から現在のやきものまでを展示活用しながら、日本人の美意識や自然観について深く体感できる機会を創出する。やきものによる日本美術の高精細レプリカの展示や、信楽の創作芸能・紫香楽太鼓との共演を行い、日本の技術力、やきものの歴史、地域の文化、日本人の美意識や自然観について深く体感できる機会を提供。また動画配信や関連イベントを行い、多様な人々が様々な場所で日本美術を楽しみながら、日本への親近感や再訪の思いを創出する企画とする。