企画展「イサム・ノグチ 発見の道」-日本の伝統と自然美に触れるプログラム-

美術・文化財
開催場所
東京都美術館
開催期間
令和3年4月24日~8月29日
リンク先
https://isamunoguchi.exhibit.jp/
イサム・ノグチ 《無題》
1987年、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)
撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and GardenMuseum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713
「あかり」インスタレーション(イメージ)
撮影:齋藤さだむ
イサム・ノグチ 《ねじれた柱》
1982-84年、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)
撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and GardenMuseum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713
イサム・ノグチ ©朝日新聞社

20 世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904-1988)の業績を振り返る展覧会「イサム・ノグチ 発見の道」におけるプロジェクト。岐阜の伝統工芸である提灯づくりから想を得た照明彫刻「あかり」シリーズ約150灯が集合する空間を創出し、高松市「イサム・ノグチ庭園美術館」所蔵の、地産の石材を用いた石彫群も展示。作品を通じて、世界的彫刻家が取り入れた日本の伝統や自然美を体感できる。