伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」

美術・文化財
開催場所
東京国立博物館
九州国立博物館
京都国立博物館
開催期間
2021年10月12日(火)~11月21日(日)(東京国立博物館)
2022年2月8日(火)~3月21日(月・祝)(九州国立博物館)
2022年4月12日(火)~5月22日(日)(京都国立博物館)
リンク先
https://saicho2021-2022.jp/
国宝 聖徳太子及び天台高僧像 十幅のうち 最澄 平安時代・11世紀 兵庫・一乗寺蔵
※展示会場:東京国立博物館、京都国立博物館
※展示期間:10月12日(火)~11月7日(日)(東京国立博物館)
※京都国立博物館でも展示期間に限りがございます。詳細は展覧会公式サイトにてご確認ください。
護法童子立像 鎌倉時代・13~14世紀 滋賀・延暦寺蔵

2021年は、平安時代に天台宗を開宗した最澄の1200年の大遠忌にあたります。『法華経』を根本経典とする天台宗の教えは、日本に広がり、日本文化に大きな影響を与えてきました。本展では、日本天台宗の開宗から江戸時代に至るまでの天台宗の歴史をご紹介し、日本各地で守り伝えられてきた貴重な宝物や、『法華経』の説く万民救済の精神をあらわす文化財をご覧いただくまたとない機会となります。