聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」

美術・文化財
開催場所
奈良国立博物館
東京国立博物館 平成館
開催期間
2021年4月27日(火)~6月20日(日)(於奈良国立博物館)
2021年7月13日(火)~9月5日(日)(於東京国立博物館)  
リンク先
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/horyuji2021/
聖徳太子二王子像(模本)  狩野養信模写 江戸時代・天保13年(1842)
東京国立博物館蔵 東京国立博物館にて通期展示
国宝 灌頂幡 飛鳥時代・7世紀 東京国立博物館蔵 (部分)

令和3(2021)年は、聖徳太子の1400年遠忌という節目の年にあたる。これを記念して特別展「聖徳太子と法隆寺」を開催し、誰もが知る聖徳太子の偉業に今一度触れる機会を創出する。本展覧会では、法隆寺の宝物から、太子の姿を偲ぶ肖像や威徳を讃える法会の品々、飛鳥・白鳳期の仏像等をご紹介する。太子の人となりや太子への篤い信仰を物語る品々が、1400年の時を超えて一堂に会するまたとない機会である。