一覧へ戻る

日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」の構成文化財を活かした歴史体感プログラム事業

舞鶴赤れんがパーク

舞鶴赤れんがパーク

広島県・京都府

明治期に、海軍の本拠地である鎮守府が置かれ、日本の近代化とともに歩んできた4市共通のストーリーが日本遺産に認定されている。

日本遺産の構成文化財である「舞鶴赤れんがパーク」を舞台に、日本において食の近代化を進めてきた「海軍の洋食文化」の象徴である「海軍の料理教科書」の展示や、そこに記されているレシピを再現する「料理体験」を通じた「食の近代化」の体感事業に取り組む。 また、海軍制服を着用しての記念撮影、「ラッパ君が代」の体験を通じて、日本人のみならず外国人観光客にも日本の近代化の歴史に触れて、理解を深めていただく。

実施概要

事業名
日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」の構成文化財を活かした歴史体感プログラム事業
補助事業者名
旧軍港市日本遺産活用推進協議会/東京都
開催場所
舞鶴赤れんがパーク
開催期間
令和2年11月頃
リンク先
http://www.maizuru-kanko.net/